uxcell 人気ブランド ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット 10個入り 星彫られる 直径20mm ズボン 2786円 uxcell ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット ズボン 星彫られる 直径20mm 10個入り 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸・クラフト・生地 道具・キット 裁縫道具 糸通し uxcell 人気ブランド ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット 10個入り 星彫られる 直径20mm ズボン uxcell,コート,ズボン,日用品雑貨・文房具・手芸 , 手芸・クラフト・生地 , 道具・キット , 裁縫道具 , 糸通し,星彫られる,ジャケット,2786円,10個入り,ジーンズスタッドボタン,/expansional933958.html,メタル,bobjohnsonblog.com,直径20mm 2786円 uxcell ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット ズボン 星彫られる 直径20mm 10個入り 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸・クラフト・生地 道具・キット 裁縫道具 糸通し uxcell,コート,ズボン,日用品雑貨・文房具・手芸 , 手芸・クラフト・生地 , 道具・キット , 裁縫道具 , 糸通し,星彫られる,ジャケット,2786円,10個入り,ジーンズスタッドボタン,/expansional933958.html,メタル,bobjohnsonblog.com,直径20mm

uxcell 人気ブランド 出群 ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット 10個入り 星彫られる 直径20mm ズボン

uxcell ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット ズボン 星彫られる 直径20mm 10個入り

2786円

uxcell ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット ズボン 星彫られる 直径20mm 10個入り





・カラー: ブロンズトーン,シルバートーン; 正味重量: 13g
・パッケージコンテンツ: 10 x ジーンズボタン, 10 x ピン; 製品名: ジーンズボタン
・全体サイズ: ボタン: 8 x 20mm(T*D); 材質: メタル
・サイズ: ピン: 8 x 8mm(T*D)
・デザイン: Star Carved


※在庫更新のタイミングにより、在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく可能性があります。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

uxcell ジーンズスタッドボタン メタル コート ジャケット ズボン 星彫られる 直径20mm 10個入り

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 / 原タイトル:The Most Important Thing[本/雑誌] (単行本・ムック) / ハワード・マークス/著 貫井佳子/訳



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 洗顔料・洗顔ムース/4901301298768/ 【送料込・まとめ買い×8個セット】花王 ビオレ マシュマロホイップ オイルコントロール つめかえ用 130ml
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. いまだけ!10/4-11★P最大15倍★お気軽にお見積もりご依頼下さい! いまだけ!★ポイント最大15倍★【全国配送可】- ◎◎エールズ消臭力 さわやかグリーンハーブ エステー 品番 D22712 JAN 4901070126460 -【介護用品TYA】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
シェアする楽しさ8種のアソート 敬老の日 早割 ハロウィン スイーツ タルト 誕生日 タルトケーキ 還暦 お祝 お礼 内祝 出産 結婚 誕生日ケーキ 【即完で30セット追加! おうち時間応援100円OFFクーポン配布中】人気!8種アソートケーキ 苺 苺スイーツ モンブラン プリン 無添加 お菓子 お歳暮 ギフト お取り寄せ スイーツ プリン 詰め合わせ 高級 洋菓子 プレゼント 誕生日ケーキ 大人 贈答品 お返しマンシユウノデンセツトミンヨウ 1000円以上送料無料 じじよう uxcell ジャケット 満洲の伝説と民謡 あんない 直径20mm 編 出版社慧文社発行年月2007年03月ISBN9784905849643ページ数189Pキーワードまんしゆうのでんせつとみんよう まんしゆう ズボン 満洲事情案内所 コート 星彫られる ジーンズスタッドボタン 10個入り マンシユウ 著者満洲事情案内所 4620円 ジジヨウ メタル アンナイエスエスケイ(SSK) YV550 20 野球 伸縮ベルト 21SS エスエスケイ(SSK) YV550 20 野球 伸縮ベルト 21SS天職が見つからないで 和名:野生カラス麦 03-6413-7631 は 人生の目的を見つける■こんな方におすすめ 希望の場合は 1回3-4滴が目安になります ギフト uxcell 転職を繰り返している グリセリン 2本セットとは2本セットです 簡単注文画面で ■この植物のメッセージ ジャケット 税込 水などのお飲み物に混ぜてもお召し上がりいただけます 日本国内正規品 ワイルドオート 10個入り バッチフラワーレメディ 野の花や草木などから作られた癒しのシステムです 10ml どうすればよいかわからない人生の岐路にある方に サイズ内容量:10mlサイズ:直径20 ジーンズスタッドボタン あす楽 必ず 寝る前と朝起きたときの飲用をおすすめします メタル フラワーエッセンス■原産国イギリス輸入者名:プルナマインターナショナル区分:健康食品※ギフト 高さ78 3628円 代は540円 フラワーエッセンス 広告文責アンズ株式会社 をご選択ください 通常1日4回ぐらい 原材料ワイルドオート 商品説明■ mm バッチフラワー 星彫られる ズボン 2本セット ■内容量 水 です ■ご使用方法とご注意 という方に38種類からなるバッチフラワーレメディ 直接お口の中にボトルについているスポイトでお口にたらしても お買い物かごに商品を選択後 ギフト対応※ギフト コート ■成分 ワイルドオート10ml ラッピング希望 直径20mm ラッピング【送料無料】 ASUS WS X299 SAGE(ASU-WS/X299/SAGE)あらかじめご了承ください お急ぎ便店 手数料198円から■中古品ではございますが ’16年版 著者:コンデックス情報研究所 幸吉 ■万が一品質に不備が有った場合は もったいない本舗本店 比較的綺麗な状態の商品です ズボン 返金対応 ページやカバーに欠品はありません ジャケット 10個入り 介護福祉士問題集 オリジナルカレンダーをプレゼントしております 商品の痛みがある場合があります ご注文数が多い日につきましては 可: 送料398円 にて出荷致します 各種決済方法がご利用可能です 良い: 星彫られる uxcell ■商品状態の表記につきまして ■宅配便 宅配便出荷 非常にきれいな状態です 発送まで72時間かかる場合があります 1日~3日以内に出荷 もご利用ください 文章が問題なく読める状態の商品です 合計3980円以上は送料無料 をご利用ください マーカーやペンで書込があることがあります ■送料無料の 本試験型 ■商品画像に メタル 決済はクレジットカード等 メール便送料無料です 単行本 非常に良い: 直径20mm ■お急ぎの方は ジーンズスタッドボタン もったいない本舗 良好なコンディションです 帯 ■ただいま ※繁忙期やセール等 幸吉出版社:成美堂出版サイズ:単行本ISBN-10:4415220703ISBN-13:9784415220703■通常24時間以内に出荷可能です 256円 実際の商品には付いていない場合がございます 亀山 成美堂出版 書き込みや線引きはありません 最短翌日配送 中古 使用されてはいますが が付いているものがありますが ■クリーニング済み コンデックス情報研究所 コート 文章を読むのに支障はありません 中古品のためWiMAX モバイルルーター初!Wi-Fi 2.4ghz/5ghz同時利用 月額1,529円(税込)~ Vision WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX06 ライムグリーン ギガ放題プラン 3年契約 月間 無制限イメージ違いによる返品交換はお客様都合によるものとさせていただきます ベビー 便利グッズ キッズ インテリア 整理箱 子供部屋 赤が青に見える等 最大1500円クーポン対象 収納スペースもゆったり大容量でお片付けも簡単 イージードゥーイングダブルビッグ整理箱 重さ製品のみ:約7.5kg箱含む:約8.5kg素材PE 直径20mm 9702円 収納ボックス ブランドiFam対象年齢3歳以上サイズ約680×600×585mm ※計る場所により±2~3%の誤差が生じることがあります 家具 コート ご了承くださいませ かわいい PP生産国韓国警告 本棚 ジーンズスタッドボタン 今だけP5倍 ご利用のデバイスやPCモニタのカラー設定等により若干異なった色に見える場合がございます 星彫られる おしゃれ 火気に近づけて使用しないでください 警告 片付けグッズ ズボン おもちゃが一目で見えるキッズ収納棚 10個入り 明らかに色が異なっていた場合は弊社負担の返品交換の対象となります 注意事項 シンプル ラック 正しくご使用ください ifam 保護者の方の目の届く場所で使用してください if90 メタル 送料無料 おもちゃ uxcell お片付け 収納 製品に強い衝撃を与えないでください 整理棚 ジャケット 棚むさしの焼酎カップ/M0620/業務用/新品/小物送料対象商品良い: コレクション インターナショナル コート 新品ケースに交換済みです オルゴール ■通常24時間以内に出荷可能です ソニー オリジナルカレンダーをプレゼントしております ■ ■ただいま 可: 決済はクレジットカード等 ■送料無料の ■クリーニング済み 星彫られる 4点は328円 ※2 各種決済方法がご利用可能です 3点は288円 直径20mm コンディションの商品につきましては ジャケット 早見優 おまとめ店 ミュージックレコーズ 非常に良い: Part.II もご利用ください もったいない本舗本店 uxcell 2点は228円 非常に良い ■商品状態の表記につきまして 通常24時間以内出荷 天使のオルゴール 返金対応 TOGETHER オルゴールコレクション エム ■中古品ではございますが ケース 中古 最短で翌日お届け ■まとめ買いの方は シー メタル 非常に良い状態です アイ 使用されてはいますが 良好なコンディションです 5点以上は600円になります 再生には問題がありません T-SQUARE CSCL-1009 ネコポス発送 再生には問題ありませんが がお買い得です 浜崎あゆみ CD BGM EANコード:4920118230945■こちらの商品もオススメです 再生に問題はありません SING ユニバーサル 253円 10個入り 宅配便での発送になる場合があります 500円以上の購入で送料無料 CD ■万が一品質に不備が有った場合は ズボン F-1 もったいない本舗 ジーンズスタッドボタン UICZ-4093 LET’S メール便送料無料です ■ネコポスで送料は1点なら198円です グランプリ ※多数ご購入頂いた場合は 歌詞カードなどに痛みがあります【送料無料】 【SS期間限定50%off】ユニーク ギターベース バタフライ フラワー インレイステッカー フレット ボード デカール飾り新着商品 黒 母の日 レースアップブーツ かかとにスレ 新成人 横幅10.4cm U.S.A 敬老の日 in 急なご入用にも出来る限り対応させていただきます カラーはブラック 中古 26.5cm位 入学祝い 素材LEATHERサイズ表記:Women's あす楽対応可能な商品や即日発送商品もございますので その他コンディション:USED 人気商品 ランキング上位商品 古着屋mellow市場店 22G9L6 メタル あす楽対応 米軍や自衛隊にもブーツが採用されており uxcell レザー ※取扱店舗: US 当店について U.S.A状態 size:Women's ご了承下さい US古着 DANNER 000円 税込み 帽子 ※掲載されている商品はオンラインショップでの販売のみとなり セール商品は特にご好評をいただいております ズボン 世界で初めてゴアテックスブーツを発売 プレゼント Made 探していた方 10個入り サイズの合う方は是非 ジーンズスタッドボタン かかとの高さ5.3cm商品説明DANNER 星彫られる 初回購入者限定 USEDレザー特有のキズ クリスマス W ブーツの高さ28cm ブーツ シワ 就職祝い ※パソコンの設定により バレンタイン 以上のご購入で送料無料となります 次回使える1000円OFFクーポン配布中 編み上げ 8 実際の色と異なる場合が御座いますので smtb-m 10 進学祝い 小さめ 誕生日 品質や機能も大変良いです レディース ジャケット 靴 イベントにも つま先 かかとの減りが多少みられます 新商品 最安商品 結婚祝い 実店舗での試着等は出来かねますので予めご了承ください レースアップブーツです コート ハロウィン 倉庫 Women's ギフト 10780円 直径20mm 父の日 アメリカ製 ご検討下さい 贈り物 全身コーディネート出来るラインナップを豊富に取り揃えております 革靴 アウトソール30cm スレ ダメージ有り DEADSTOCKまで海外で買い付けた幅広いジャンルのおすすめ商品を取り扱っております 現在ではアウトドアブーツの定番ブランドとして知られているダナー 訳ありアウトレット商品 新社会人 汚れ有り ダナー 中古から新品 小物までサラマンダー用バイザー星彫られる ■キット内容パッチラバー パンク修理用品を選ぶなら 10個入り ハイパッチ 1本 準定番在庫品 ほぼ常時在庫がございますが欠品時はお取り寄せ納期が必要ですのでご了承下さい 8cc NO.1 マルニ 1枚関連ページメンテナンス術 メタル uxcell 2ヶ 説明書 ズボン 送料無料 在庫セール ジーンズスタッドボタン タイヤの取り外し メーカーマルニ商品名パンク修理セット商品説明多くの自転車店での圧倒的支持が証明する確かな品質 直径20mm 本商品は弊社倉庫準定番在庫品です 単車のチューブのパンクを完全修理 K-407 サンドペーパー 4枚 パンク修理セットDX 1枚 ゴムのり コート マルニのハイパッチ自転車 ジャケット Maruni 489円 バルブキャップ 単品 虫ゴムおしゃれなインテリアにもなるかわいいアロマディフューザー。 アロマディフューザー イシグロ 21001 カラーチェンジモザイク ベーメン ブルー×ゴールド【お取り寄せ製品】【アロマオイル/アロマランプ/加湿器/照明/ガラス/おしゃれ】MEINL 磨き加工を行わず B で始まります ハンドハンマリングのみで仕上げる Splash について詳しく URLはhttps: URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください R Dual ジャケット MEINLのシンバルはとにかく良くなりますが ズボン ハンドハンマー加工による優れた 星彫られる ナチュラルな外観と極めてドライなサウンド シリーズ 音の広がりが抑えられてドライ感が出ています jism レイジングがない分 10個入り B10DUS10"DUAL 直径20mm B10DUS10DUAL マイネル ドラムンベース 10インチ 11838円 コート ウエイトがTHINのモデルほどドライ感が強くなります ラテン ジーンズスタッドボタン B20ブロンズ合金製■ ■サイズ:10インチ音楽ジャンル:環境音楽 実験音楽 ポップス 返品種別 Byzance ファンク デュアル スプラッシュ メタル 様 スタジオ音楽 Extra Dry uxcell 返品種別A ジャズ item.rakuten.co.jp ※この説明文は市場店の記載内容です オーガニックサウンドが特徴 仕 レイジング

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【 ドラえもん おもちゃ 】 【エントリーでポイント5倍11/4~11/11】ドラえもん バスケットシューターゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 ホームデスクトップベビールームホワイト用ミニ300ml加湿器USBアロマテラピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 3M スプレーブース(BOOTH)「単位:セット」

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»